小僧Aが、「あの白黒の縞々何?」といいながら戻ってきました。