次の工程はダボ打ちです。

名栗では、基本的に金具を使いません。したがって、ガンネルやデッキの取り付け強度を保つためにはダボを使用します。

しかし、デッキのダボ穴開けは難しい。

おいらのデッキはガンネルに水平ではないのでまっすぐ穴を開けると裏側に穴が開いて島今する。浅い穴だと強度が足りん!!
なるべく深く、どこにも貫通させないように・・・なのです。