内側のグラッシングが終了し、しっかり硬化しております。
とりあえず水に浮かせることは出来るでしょう。

しかし、まだグラスの目が消えていません。理事長に聞いたところ垂れや溜りを平らに均し、全体を荒らすようにサンディングした後、もう一度薄く樹脂を塗って仕上げのサンディングをすればよいそうです。

名栗ではパラフィン入りのポリエステル樹脂を使っているのでカチカチに硬化するため、重ね塗りをするには一度表面を荒らす必要がありますが、一回目のグラッシングはパラフィンなしを使用すれば表面は硬化しないはずなのでそのまま2回目をぬれるはずなので、効率が良いと思います。