手を突っ込んで、ストロングバックとモールドをつないでいるタッピングビスを外します。
5番4番モールドあたりは楽勝といえます。