磨く反対側に押え用の馬をあてがいます。
これが無いとなんかグラグラします。

あと、電源用リールを用意しました。