結局、少し戻って「日塩もみじライン」経由で回り道することになりました。

途中で滝発見