« なんちゃって川旅 | トップページ | 前に進むために »

2016年1月16日 (土)

奥多摩エリア 鋸山林道-大ダワ

自転車ネタです
ヒルクライムです
夏にタッキーと走った時に返り討ちにあった鋸山林道(大ダワ)のリベンジです。

会社の先輩・後輩+小僧Bとで奥多摩エリア 鋸山林道-大ダワを走ってきました。

025

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


マップ

距離と標高対比図
Photo

全行程:43キロ(GPSロガーは途中の温泉までで41キロ)
平均速度:17キロ(山岳部は7.5キロ程度)
山岳部斜度:8%強

年末の会社での茶話会の際、社内で有名なチャリ乗りのM先輩に、「ジテ部として一緒に走りましょう!!」と声をかけたところ、快諾していただきました。

先輩に失礼があってはならないと、コースに選ばれたのは登りのキツイ 奥多摩エリアの鋸山林道(笑)

集合は9:00に武蔵五日市駅

M先輩は輪行で、タッキーは自走(40km)、我が家は二人なので車で現地入り

出発前にチャリのチェックと、チャリ観察(笑)

M先輩号:RIDLAYのシクロクロス

002

サンツアーXCのカンチブレーキを使っていたり、ディレーラーはシマノのXTRをミドルケージに変更していたりとマニアック

タッキー号:GARNEAUのチタン

003

GARNEAUとはルイガノのピュアスポーツブランドのことらしいです。
チタンフレーム・・・凄い!!

小僧B号:キャノンデールのCAAD10

004

タッキーにかなりお安く譲っていいただいたフレームに、手持ちの105とティアグラをくんだもの

異能☆号:Semas115

005

キャリアがついてツーリング車感が強くなりました。実はホイールがクリンチャー仕様からチューブラーにかわっています。

このホイールは、最近自分で組んだもので、フロントハブはサンツアーXC-PRO、リアハブは同じくサンツアーのSuperbePro、リムはMAVICのモントレールート、スポークは星のダブルバテッドです。 初チューブラー・初手組でドキドキです

走りだして、軽く汗をかいた頃に檜原村役場の喫茶店で一服

006

豆腐屋さんを通過、帰りに寄りますからね♪

007

北秋川渓谷沿いの比較的ゆるい坂を登ってゆきます

008

011

神戸岩への曲がり角、ちょっと、離れたのでここで一旦待ち合わせ

012

タッキー到着

016

M先輩到着

017

ここから勾配が少しずつきつくなってゆきます。

018

神戸岩(かのといわ)に到着

この下にはトンネルがあって、ナカナカの心霊スポットのようです(笑)

そして、このトンネルを抜けると本格的な「鋸山林道」でピークの「大ダワ」まで6.8キロほどきつい登りが続きます。

019

022

この先の本格的なヒルクライムに備えてしばし休憩

これはM先輩のシクロクロス

021

ケーブルは全て上引きになっていて、トップチューブの上を這っているのですが、何やら目盛りが・・・

これ、シフトのインジケータだそうで、ケーブルにつけた白いマーカーの位置によって、どのギアに入っているかが分かる仕組みだそうです

なるへそ~

各自、行動食を摂って、いよいよ鋸山林道へ

023

ここからは峠の休憩所まで画像なし、だって必死だったから(汗)

小僧Bはぐんぐん登リ、あっという間に見えなくなってしまいました。そうなると想い出すのが古賀志山の一件・・・

あの時はちゃんと待ち合わせ場所を言ってなかったら、道がわからないのにドンドン先に行ってしまい、道に迷った小僧B

はっと気が付き、大声で呼びましたが、小僧Bも必死でしょうから聞こえるはずもなく・・・とりあえず、電話に着信を入れておきました。

やっともことで峠の「大ダワ(994m)」にたどり着くと、小僧Bはちゃんと待っていて一安心・・・と言うか、この先は雪と凍結で道が真っ白なので、進みたくても進めなかったか(笑)

小僧Bはなんと20分も前にと到着していたらしく、たかだか6キロちょいの距離でそこまで差がつくものかとびっくり

024

峠にはトイレと登山口が

026

この場所は登山道とクロスしているようで、大岳山や三頭山に続くとの標識が

028

せっかくだから、少し高いところまで歩いてみました

029

さて下り

なかなかに道が悪い・・・ほぼスリックの我々ロード組はうき砂や日陰も凍結が怖くてスピードを上げられない中、俄然元気になったのは、普段からMTBでダウンヒルをやっているM先輩、

信じられないスピードで下って行きました。

私も一生懸命食いついて行きましたが、登りと違って遅いのが小僧B

ここは経験の違いとさせていただきましょう(汗)

033

(↑最近こういうのが妙に気になる・・・)

帰りは豆腐屋によって、定番のおからドーナツを食べて、温泉に入って帰りました。

034


|

« なんちゃって川旅 | トップページ | 前に進むために »

コメント

登り、もはや中坊には太刀打ちできませんか~?!
Nakaさんも、雪山で泣きが入ったようだし・・・。
みなさん原因は、ウエイト?!

投稿: hasegawa | 2016年2月 4日 (木) 09時30分

hasegawaさん

10月末の那須岳でも小僧Aに置いて行かれましたしね、まぁそういうものでしょう・・・むしろ遅かったくらい

しかし、このまま黙って入られません
ちょっとキバッてみます(笑)

投稿: 異能☆得手(艶) | 2016年2月 4日 (木) 18時02分

返り討ちに、あわないようにね!?

投稿: hasegawa | 2016年2月 4日 (木) 18時15分

hasegawaさん

アラフィフのオヤジに負けるような10台では困りますから、まぁ返り討ちあうでしょうけど、この差はイカン!!

投稿: 異能☆得手(艶) | 2016年2月 5日 (金) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190180/63113951

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩エリア 鋸山林道-大ダワ:

« なんちゃって川旅 | トップページ | 前に進むために »