« 続々 アルコールストーブを作ってみました。 ~ 五徳完成 | トップページ | CANOE WORLD VOL.7 »

2013年10月11日 (金)

アルコールストーブの瞬間立ち上げ

アルコールストーブを作ってから、夜な夜なテストを繰り返しています。

そんな中でネットで見つけた「瞬間立ち上げ」を、実際にやってみました。

20131012_032440

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


以前からアルコールストーブを使用されている方には普通の事なのかもしれません。

「瞬間立ち上げ」というのがあるらしいんです。

そもそも、私が作った「副室加圧型」はプレヒートというのが必要で、本燃焼に入るまで1分ほど時間がかかります。

元々ガソリンストーブを使っていた私にはプレヒート自身は特に気にはなりません。素直に受け入れていたのですが、アルコールストーブについてネットをさまよっていた際に、胴体にタコ糸を巻いた画像と動画を見つけました。本燃焼までの時間は短いに越したことはありません。

で、やってみました。

手元にタコ糸がなかったので、ハイパーヨーヨーの紐をアルコールストーブの胴体に4回巻きつけて固定。

この紐・・・化繊入りなのですが、本来なら木綿100%のほうが良いのでしょう。

そして、紐にアルコールを染み込ませます。

20131012_032513

ネットでは、上面開口部とタコ糸に同時に着火していましたが、タコ糸だけでも行けるんじゃないかなぁ・・・

ということで、上面開口部にフタをしてトライ

20131012_032606

それでは着火します。動画でどうぞ

あっという間に本燃焼になりました。

コレは凄い!!

この後、いろいろ試したのですが・・・

自作の五徳を使用する場合はアルコールストーブをシェラカップに入れて使うのがメインの使用法になると思いますが、シェラカップに入れると「瞬間立ち上げ」が出来ませんでした。

おそらく、熱がシェラカップに逃げてしまうため温度が上がりきらずに、アルコールの気化が促進されなかったのでしょう。

ただ、上面開口部にも着火すれば、ギリギリっぽい感じですが立ち上がりました。

使える技術かも・・・・

ここ数日で他にもわかったことがあります。

・ 燃料用アルコール、消毒用エタノールは、ほとんど赤い火が出ずにキレイに燃えますが、無水エタノールは、赤い火が出て、ケトルにススが付きます。

・ アルコールに1割ほど水を混ぜると、火力を弱めることが出来ます。

ところで、明日から始まる三連休は、後半2日がシゴトです。くっそ~!!

あ~、コレ持って山か川に行きたいなぁ

|

« 続々 アルコールストーブを作ってみました。 ~ 五徳完成 | トップページ | CANOE WORLD VOL.7 »

コメント

こんばんは!!

250缶で少し周囲を小さくしてみてはどうでしょうか??やってもない自分が言うのもなんですが・・・自作のストーブで沸かしたラーメンを食べるなんて最高ではないですか?

異能☆得手(艶)さんの研究心には驚きます。自作の神になってください。

投稿: 鱒人 | 2013年10月15日 (火) 00時45分

おぉこれはすごい!!

自分はアルコールストーブ作るまでで満足してしいまいましたが。。。
五徳、瞬間立ち上げと、さすがです。実戦が楽しみですね!!

投稿: ゆらどん | 2013年10月15日 (火) 09時04分

アルコールに水を混ぜる!?
普通思いつきませんけどね~
それにアルコールとエタノールは3種類とも試したんですか?
もしかして子供のころ実験好き少年でしたね(笑)

投稿: そーしん | 2013年10月15日 (火) 13時15分

鱒人さん
確かに設置面積を減らして、高さを稼げば熱が外部に逃げにくくなるかもしれませんね。不安定になりそうなのが気になるなぁ

このアルコールストーブでコーヒーやラーメン・・・いいですよね~!!

ただいま、一軍入りの選抜作業中です。
100均でB5サイズのメッシュバッグを買ってきたので、一通りをセットでパッキング出来るように思案中です。

鱒人さんもお一つ作ってみては?

自作の神は・・・なれませんし、私に降りても来てくれません(泣)

投稿: 異能☆得手(艶) | 2013年10月16日 (水) 02時37分

ゆらどんさん、
私はオヘソが結構な勢いで曲がっていて、使いやすい道具よりちょっとひねくれた道具のほうが燃(萌)えるんです。

そういう意味ではアルコールストーブはガスよりは萌えますね。

こういうのを実践で使おうとするのは、ウッドカヌーで長瀞に行った時の感覚に近いかも。

投稿: 異能☆得手(艶) | 2013年10月16日 (水) 02時41分

そーしんさん

それぞれのアルコールの成分比率が違うのが気になっていたんです。
「一番高い混じりっけのないエタノールが一番いいんじゃん。メタノールよりCの価数が大きいから熱量も高いんじゃないの?」なんて思っていたのですが、不完全燃焼していました。
後で調べたら、確かにメタノールより熱量は高いようですが、完全燃焼しにくいようです。

火力が強すぎるから酸素不足で不完全燃焼していると思ってしまったので、「混ぜ物をして少し燃えにくくすればいいんじゃん」と思い、水を混ぜてみました。

燃焼中の音が違うので、水蒸気が邪魔をして気化したアルコールガスの噴出量が抑えられているのかも。

何にせよ、炎の高さが低くなり、色も青くなりました。

という訳で、実験好きです。
細かくデータを取って微細な変化を調べるのは好きではありません。
ドラスティックに変化が出るのが好きです。

投稿: 異能☆得手(艶) | 2013年10月16日 (水) 02時53分

やってますねぇ~
うちの中でこれやると雷落ちるんで、いつも会社で実験してます(笑)

3号機で初めて五徳不要のサイドバーナータイプをつくりました。
燃料を沢山入れたかったので少し高めに設定しました。
20分以上燃焼しましたよ。

それにタコ糸プレヒートを併用してみようかなぁ。

投稿: Naka | 2013年10月16日 (水) 17時05分

Nakaさん、
私は台所でやっています。

3号機まで作りましたか、サイドバーナータイプも良さそうですね。
あれって単室型でしたっけ?

タコ糸プレヒート・・・
結構難しいです。
うまく行ったり行かなかったりなのですが、タコ糸の位置とかアルコールを入れてからの時間とかいくつか要素がありそう。

投稿: 異能☆得手(艶) | 2013年10月18日 (金) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルコールストーブの瞬間立ち上げ:

« 続々 アルコールストーブを作ってみました。 ~ 五徳完成 | トップページ | CANOE WORLD VOL.7 »