« かわせみ河原でロール練習 | トップページ | 水量どうでしょう »

2012年4月22日 (日)

国立科学博物館 オープンラボ

新宿で行われていたという「国立科学博物館 オープンラボ」が今年から筑波に場所を移して開催されるとのこと

以前から声をかけてくれていたグーさん親子と一緒に行ってきました。

005_3

ブログランキング・にほんブログ村へ


グーさんの経験を生かし、会場の1時間前に駐車場に集合

ん?思ったより混んでいないか?と、最初は思っていましたが、最終的にはナカナカの入場数だったようです。

001

会場にはまだ受付すら出ていません。

002

30分程時間つぶしに正面にある筑波大学のキャンパスへ

007

9時半に戻ってきたら行列ができておりました(汗)

008_4

でも、十分に前の方だぞ。

まずはあれを目指すぞ!!「フズリナ」の化石を石から磨き出すイベントです

各時間定員12人か・・・子供の数的には前から12番目より前だと思いますねぇ、行けるんじゃないかな。

010

会場と同時に、皆さん思い思いの方向へ走ってゆきます。我々は正面のビルの8階へ

ん?我々の前で定員、残り3人!?

子供は5人いるぞ(汗)

とりあえず中1お兄ちゃん二人を突っ込みました。で、小僧Bとグーさん家のコータくんでジャンケン・・・コータくんが先にやることになりました。小僧Bとモナミちゃんは次の時間に賭けましょう。

受付が済んだので、普通の展示へ。

これは、人類研究部の展示

012

新人は我々ホモ・サピエンスの先祖では無いとのこと、新人が滅んでホモが出てきたそうです。猿人が発生した時から進化の木の中にホモ属は存在していて、猿人・原人・新人が滅んだのでホモ属が増えて目立ってきたということなのかな?

こちら、白い方はツタンカーメン王の頭蓋骨レプリカだそうです。で、右は昔の日本の貴族。通常、民族が違うと骨の形はすごく違うものらしいのですが、この両者はそっくり。

顎が細くて歯並びが悪いというのが両者の特質すべき共通点だそうです。特権階級という特別な環境が同じような骨格を獲得させたのだろう・・・とのこと

015

続いて、イルカの解剖のコーナーへ

これは浜松で発見された、浜に打ち上げられた「スナメリ」です。

おねーさんたちはなれた手つきで解体してゆきます。

019

血や組織の感じもキツイのですが、なによりニオイがキツイです。モナミちゃんは駄目みたい・・・小僧Bは「ニオイがキツイ」と言いながらもカブリツキです。

これは以前解剖された同じくスナメリの胃を樹脂加工した物

胃がいくつかの部屋に分かれていて、イルカはかつて、牛などに近い種類から別れたのだろうとのこと

021

しばらくして、すっかり腑分けされたイルカ

064

標本の胃と、解剖されたばかりの胃、当たり前ですが同じでした。

072

この骨も以前解剖された11歳のスナメリだそうです。

022

さて、11時になったので11時半から受付を開始する砂金採取イベントへ

お陰さまで小僧Bのチケットをゲット出来ました。他の子の分は・・・本人がいないと駄目だって(汗) 

グーさんは「フズリナ」の2回目のチケットに並んでいました。コチラは一家族1枚とのことで、ウチの分として小僧Bのチケットもゲット出来ました。グーさん有難うございます。

いろいろ展示を回って、昼食を食べた後、砂金イベント開始

研究員の方が、砂金が発生する場所の特性や採取の仕方を説明してスタート

035

水の中で砂を回して比重の軽いものから浮かせるようにして洗面器に流しだします。

041

見つかってよかったね

044

続いて、「フズリナ」の化石へ

葛生で採取される石灰石には2億8千万年前の有孔虫「フズリナ」の化石が入っていることがあるそうです。

石を割ると、その組織が見えるということで、キレイに磨きこんでゆきます。

058

3センチくらいの大きさに割られた石灰石を選び、耐水ペーパーで80番、400番、1500番と順番に削り、

051

056

最終的にはコンパウンドでピカピカに

050

062

この間、お兄ちゃん連中は砂金採取に並び、無事にチケットをゲット出来ました。

「フズリナ」が終わって、お次は標本見学ツアーへ・・・と思ったら終わってました(泣)

070

昆虫標本と哺乳類標本を見たかった~(泣)

来年は絶対に標本見学ツアーに参加するぞ!!

|

« かわせみ河原でロール練習 | トップページ | 水量どうでしょう »

コメント

同じイベントに行って、同じ様に写真撮ってたのに、テッチャンのほうがイイ構図で撮れてるな~。
これからは少し考えて写真撮ってみようっと!

投稿: グー太郎 | 2012年4月23日 (月) 17時58分

つくばでこんなイベントがあったんですね。

ウチの子たちも喜びそうだな~

今週末はつくばでキャンプなので、どこか見学して来ようと思ってます。

「つくば」は調べるほどいろいろあって、奥が深いですね。

投稿: そーしん | 2012年4月23日 (月) 19時02分

グーさん、
誘っていただいて、ありがとうございました。楽しかったです。

写真はですね~、私のカメラはファインダーが壊れていて、一日の大半は真っ白なんです。だから完全に勘です。

広めの構図で撮っておいて、トリミングしています。

投稿: 異能☆@グー太郎さんにお返事 | 2012年4月23日 (月) 23時08分

そーしんさん、

オープンラボは年に一回みたいです。しっかりウォッチする必要があります。

いやぁ、つくばは良いですね、色々と見て回りたいです。

投稿: 異能☆@そーしんさんにお返事 | 2012年4月23日 (月) 23時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館 オープンラボ:

« かわせみ河原でロール練習 | トップページ | 水量どうでしょう »