« パスファインダー補修 ~ 座面を張りました。 | トップページ | オールドタウンのドライケースがピッタリ »

2012年3月31日 (土)

パスファインダー補修・・・完成とします

補修を進めてきたパスファインダー、

これにて完成とします。

045

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
進水式は何時にしようかな


大きい音が出る作業はなるべくお昼にやります。

ということでハルのクリーニングです。

まずは内側。内側はデッキブラシで泥汚れを落としただけなので、若干シミのようなものがありましたが、自負で綺麗になりました。

003

続いて外側。これがビフォー

004

038

アフター。ここらへんは必至に作業しているので、作業中の写真なし(汗)

次はシートの座面張り、これは室内作業です。

昨日の夜、2回塗りがしっかり乾いたニスを#400のサンドペーパーで研ぎ、3度目のニスを塗っておきました。

一つ目のシートより綺麗に塗り上がっています。

007

座面張りの材料と道具。

011

 

材料

  • ラタンシート:3/8インチ目、45センチ幅が30センチくらいあれば十分。
  • 籐丸芯:4ミリ、1メートル

1時間位水に浸しておきます

道具

  • 木槌
  • 押しこみ道具各種

幅4ミリの金具を木槌で叩いて、溝にラタンシートを押し込みます。

015

多分、水に浸しておかないと、あっという間にラタンシートが切れてしまうと思います。

これが溝に押し込まれた様子

017

と、調子にのって押し込んでいたら、ラタンシートが切れてしまいました(泣)

019

一度ラタンシートを取り外し、少しズラして溝にはめ直し。今度は3ミリのアレンキーを使用してみました。

020

これだと破けませんね。

角は周囲を短く斬り込んでおかないと押しこむことが出来ません。

023

これも調子良かったです、はさみ。

要するに、力を入れやすい物で、薄すぎるても厚すぎてもラタンシートが切れてしまいます。

溝にラタンシートを押し込んだ状態で、少し余裕がある程度の幅の金具があるといいです。また、角が立っていると当然のように切れてしまうのでこれも注意。

025

全部押し込みました♪

024

溝に木工ボンドを流し込みます。

027

そしてその上から藤丸芯4ミリを押し込みます。

これがナカナカ固くて(汗)、金具を使って叩き込みました。

028

オールドタウンのシートなら、1メートルの藤丸芯でほぼピッタリ。2センチくらい余ったのを切り取って完成。

この丸芯叩き込み工程で、ゆるゆるだった座面がピーンと張ります。

030

続いて、はみ出ているラタンシートをカッターで切り取り完成となります。

031

033

さて、この腐った木はなんでしょう?

035

シートを吊り下げるネジをカバーするものです。このまま使いたくありませんので、これも作り替えます。

ノギスで長さを測ります。

  • 長いほう:36ミリ
  • 短いほう:17ミリ

うーん、40ミリと20ミリということにしておきましょう。

037

丸棒を長さをあわせて切り、ドリルで6ミリの穴をあけます。

039

防水のため、断面にしっかりニスを染みこませておきました。

ちなみに、周囲は3回塗り済みです。

041

完成した部品達

042

取り付けました。キレイです。

046

ヨークはかなり担ぎやすいです。満足じゃ。

これにて完成とします。

|

« パスファインダー補修 ~ 座面を張りました。 | トップページ | オールドタウンのドライケースがピッタリ »

コメント

シートがなにかと大変そうですね。
もういつでも漕ぎ出せますね!

投稿: たかやん | 2012年4月 1日 (日) 07時18分

たかやん、やはりケインシートはカッコイイです。あまり長持ちしないでしょうから、次もこの座面を張るかは・・・その時考えます。

さて、漕ぎに行くぞぉ~

投稿: 異能☆@たかやんにお返事 | 2012年4月 1日 (日) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190180/54356488

この記事へのトラックバック一覧です: パスファインダー補修・・・完成とします:

« パスファインダー補修 ~ 座面を張りました。 | トップページ | オールドタウンのドライケースがピッタリ »