« オールドタウン パスファインダー 15ft | トップページ | 今年の初長瀞 »

2012年3月 3日 (土)

パスファインダー補修開始

先週引き取ってきたオールドタウン・パスファインダー

028

傷は殆ど無いのですが、10年間庭に放っておいたとのことで、補修の必要がありそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村


全景確認

002

バウ・スターンのボトムには、ほとんど傷無し

010

キレイなもんです。

011

若干、色が抜けて白っぽくなっている気がします。表面もほんの少しざらついています。

中はものすごくキチャナイ・・・

003

バイクをいじっていると、オイルまみれのキチャナイ所は、洗浄するとサビ一つ無いきれいな部品が出てくることが多いのですが、これはどうかな?

デッキ部分には他に比べて傷が多いですね。地面に置いてあったのでしようがない

024

センターヨークは、担ぐときに「ミシミシ」言っています。手触りも変・・

006

うわっ・・・裏からみるとこんなに成っていました、腐っています(汗)

009

取り外すとこんな感じ・・・虫食いと腐れですね。ヨークは交換としましょう

013

洗浄の為、取れる部品はすべて取り外しました。

020

中はデッキブラシでゴシゴシ、水洗い♪

018

こんなにキレイになりました。

021

ここで少し買い出し、買ってきたのは以下の物品

  • タモの板材
  • 丸棒材
  • ジフ
  • 自動車用コンパウンド

カヌーをきれいにするのはジフという意見と自動車用コンパウンドがありましたので、ひとまず両方購入

タモ材はこんな感じ

022

TEAL社製のヨークっぽいのを目指すとします。

とりあえず、ネットの画像を元に自分の肩に合うように切り出ししました。

031

確か弁天小僧さんのキャニオンに付いているヨークもこんな形だったと思います。

丸棒材はシートの吊り下げ用です。

023

付いていたのは腐っていました。

ネジの長さには余裕があるので、長さも調節して吊り下げ直そうと思います。

シートが問題だなぁ・・・・座面のケーンはすぐに穴が空きそうです。ナイロンベルトでウェブ仕様にするか、ラプチャーと同じロープ編み編みにするか、それともケーンシートを買ってきて張り替えるか・・・・どうするべ

|

« オールドタウン パスファインダー 15ft | トップページ | 今年の初長瀞 »

コメント

チャリの水垢は、アセトンでひと拭きだったぞ…。
ただし、お試ししてね。
折角だから、艶出しにクリアー噴きたいね!

投稿: hasegawa | 2012年3月 5日 (月) 13時19分

お~きれいになったじゃないですか!

ほどよくカスタマイズも楽しめて、
いいですね~


投稿: そーしん | 2012年3月 5日 (月) 20時18分

パスファインダー、いいですね~♪
オールドタウン仲間、よろしくお願いします♪
ヨーク、キャニオンみたいな窪んだ感じで担ぎやすそうですね♪
クラシックスタイルで川下り、やりましょう!!

投稿: 弁天小僧 | 2012年3月 5日 (月) 23時11分

hasegawaさん、アセトンは少し実験してみます。溶ける様子がないなら内側には有効かも。

クリアはどうでしょうね~
ロイやレックスってかなり柔らかい素材ですよ。バイクだと、風化したプラパーツにはクリアの靴クリームが効くと聞いたことがあります。これも実験してみますね。

投稿: 異能☆@hasegawaさんにお返事 | 2012年3月 6日 (火) 02時40分

そーしんさん、ここでカヌーを作った経験がいきてくるかも。

私、工作は好きなのですが、遊びにいくほうがもっと好きなんです。工作は程々にして漕ぎに行っちゃうかも(汗)

投稿: 異能☆@そーしんさんにお返事 | 2012年3月 6日 (火) 02時42分

弁天小僧さん、お互いにとうとうオールドタウンユーザに成っちゃいましたね♪

既に結構きれいなのですが、せっかくだからできるだけキレイにしてみます。
本当はウッドガンネルに張り替えたいけど、遊びに使いたいので後回しにしちゃいます(汗)

投稿: 異能☆@弁天小僧さんにお返事 | 2012年3月 6日 (火) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190180/54146103

この記事へのトラックバック一覧です: パスファインダー補修開始:

« オールドタウン パスファインダー 15ft | トップページ | 今年の初長瀞 »