« 那珂川ステーションキャンプ3日目 | トップページ | 小野川湖畔キャンプ 2日目 »

2009年9月26日 (土)

小野川湖畔キャンプ 1日目

先週の那珂川ステーションキャンプの後、団長が言いました。
「来週の月曜日は運動会の振休でお休みだから、もう一回キャンプに行こうよ!!」

SWにちょびさんたちやいがちゃんが小野川湖に行った記事を見てうらやましかったので裏磐梯の小野川湖に決定しました。

007

本当は9月26~28日の二泊三日にしたかったのだけど、28日の月曜日に友達と遊ぶ約束をしていると小僧Aに大泣きされてしまいました。

「先に予定を入れたほうが優先って言ったでしょ!!僕が先に約束してきたんだよ(大泣)」

団長は二泊三日ののんびりキャンプを楽しみにしていたのですが、一泊二日・・・しょうがないですね。朝早く出て、深夜に帰るつもりでなるべく一日を長く使えるようにするようにしましょう。

と思っていたけれど、結局家を出たのは朝6時半・・・あまり早くないなぁ(汗)

猪苗代磐梯高原I.C.を降りたのは10時頃、

005

実は小野川湖って行った事ないと思います。
20年前、学生のときにキャンプに来たのは桧原湖です。ツーリングでは何度か裏磐梯に来ましたが、小野川湖には来た事ないような気がするなぁ・・・

入り口の前を何度か行き過ぎて、キャンプ場を発見。二匹の大きなワンコが出迎えてくれました。

前日から泊まっているキャンパーは二組しかいないようです。湖に向かって左側の方々はすぐに撤収されるとの事です。その場所に設営させていただきました。

こじんまりとしたよいキャンプ場ですね。点在する小島の向こうに見えるのはなんと言う山かな?

007

小僧たちは早速バッタを捕まえています。

009

しばらくすると小僧Aが「ヘビがいるよー!!」

バスボート用の桟橋に行くと・・・石の上にアオダイショウがいらっしゃいました(笑)

015

結構大きいなぁ、小僧Bが「パパ、触ってみて」・・・う~ん、できん(泣)。このくらい一掴みできるようになった方が父としてかっこいいなぁ。

設営中、テントの横の木の根元に薪を発見

017

いい薪だー、前の客が置いていったのかな?ありがたく使わせていただきますよ~(汗)

設営が終わった頃、まるちゃんがしきりに吠え出しました。パパの近くにいてこんなに吠えるのはめったにありません。何だろ?っておもったら、キャンプ場のワンコが周りでマーキングしまくっていました(笑)

018

マックス、行儀悪いぞ!!まるちゃんはぶしつけな男の子は嫌いだぞ!!

ここのところ、リビングにはスクリーンテントを使っていたけど、明日の朝には撤収しなくてはいけないので、手軽なウィングタープを張りました。

夜、星が沢山出てくれるといいんだけど・・・

設営も終わったので、小僧Bと湖に出てみました。

Aaa

湖上の島々では紅葉が始まっています。

187

よし、お昼ごはんを食べて、どこに行こう?

異能☆的には小野川不動滝に行きたかったのだけど、団長のたっての願いで五色沼ハイクとなりました。

これは毘沙門沼

020

大きくて水がきれいな沼です。沼だから河童がいるのかな?

大きな鯉がいますね

022

鯉だけではなく、ほかの魚もいました。ヒメマスかな?これ

030

貸しボートもあるけど、こういうところで自分のカヌーを漕ぎたいな

041

小僧たちがやたら歩くのを嫌がるので、「わかった!!、三つ目の沼を見たら引き返そう!!」といって探勝路を歩いたのですが、赤沼、みどろ沼がいまひとつ見ごたえがなくて・・・もうひとつ先に進もう!!って感じで先に進むことになってしまいました。

049

そうこうしているうちに、「引き返すよりも最後まで行ったほうが早いよ」なんて感じに(汗)

「おっザトウムシだ!!」

050

見えますでしょうか?中央少し上の足の長い黒いクモみたいな虫です。森に行くとよく見るんだけど、結構気持ち悪いんですよね(汗)

歩いてゆくと、きれいな沢もあります。

054

こういうのが出てくると、小僧たちも「まだ歩くの~~?」と言わなくなってきますね。

061

これは弁天沼の展望台かな?

070071

サルですね、サル。

こういうのがあると、すぐに登って飛び降りたがるんです(汗)

青沼に注ぎ込む沢の石はなんとなく白いものがこびりついているように見えます。

072

何だろう?硫黄分でも混ざっているのかな?

083

青沼自体も少し白くにごっている気がするし、水に垂れ下がっている木の葉は白くなっていますね。

桧原湖物産館からはバスで戻ります。大人240円なり。

バスを待つ間、物産館でかったジェラートを食べました。

異能☆は山塩とどんぐり(左)、団長はトマトと枝豆だっけな?

097

山塩とどんぐりは大ヒット、とても美味しかったです。小僧Bの山葵も美味しかったなぁ

五色沼の探勝路にも沢山のどんぐりが落ちていました。こんなに美味しいなら拾って食べたいです。灰汁を抜くのが大変なのかな?

バスで五色沼入り口に戻ると「釣堀 イワナ・ヤマメ」の看板を発見。恒例のカブリツキが出来るか?

グランデコ方面に車を走らせました。

098

いやー渋い渋い、食いません(泣)

夕方だから食付きが悪いそうです、午前中なら簡単に釣れるとのこと。それでも小僧Aは粘って一匹釣り上げていました。

105

小僧Bは釣れないので飽きちゃっていたので、横を流れる沢に連れて行きました。

110

キャンプ場に戻る頃には真っ暗だろうと思うので、ここで小僧Bと薪拾い(笑)

で、こんなもんかなぁ

114

足りないかなぁ?

結局一匹しか釣れませんでしたが、岩魚の骨酒を飲みたかったので3匹プラスして持ち帰りました。

テントに戻ったら、早速小僧Bは薪作り

120118

ハイ、これが本日の成果(薪)です

122

12時までガンガンに燃やすには足りませんが、それほど寒くないので最初のほうはチョロチョロ燃やして節約するとしましょう。

ハイ、ワイン

127

イワナは炭火で焼きませう。

133

イワナは美味しいですよね、本当に。

今回は手間をかけずに、夕食はこの網で豚や鶏などの焼き物系とご飯。

ご飯の後は、焚き火タイム

と、おもったら小僧たちは朝が早かったからか、7時には寝袋に入ってしまいました。

135

夜になって冷えてきましたが、焚き火は暖かいですよね。

この火を利用してイワナの骨酒good

139

小僧Bの残しと団長のイワナ丸ごとが入っています。異能☆と小僧Aは相変わらず頭から食べるので何も残っていないんです。

いやぁ、このお酒・・・すごく美味しかったです。お酒というよりスープといった感じ。飲みすぎてしまいましたよ。


 

 

|

« 那珂川ステーションキャンプ3日目 | トップページ | 小野川湖畔キャンプ 2日目 »

コメント

> 28日の月曜日に友達と遊ぶ約束をしている
> と小僧Aに大泣きされてしまいました。
子供同士の約束といえど、大事ですよね。
おッ!?
小僧A君も、そろそろ自立心の芽生えかな?!
そうやって、親離れしていくんだぜ。

投稿: hasegawa | 2009年9月29日 (火) 13時22分

小野川湖に行っていたんですか。
景色が、山が低くて空が広い感じが、いいなぁ。
シルバーウイーク翌週、人も少なくて貸切ですね。

うちの息子も、最近あまり遊んでくれず・・・
今が一番いいときですよ(笑)

投稿: raven | 2009年9月29日 (火) 21時59分

hasegawaさん
まだ四年生なので休日は親と一緒と思いきや、先に予定を入れられてしまいました。いろいろ説得したのですが、最終的には小僧Aの気持ちを優先しました。

小僧Aは、ああ見えて近所ではわりかし礼儀正しいしっかりサンで通っているんです。
でも、まだ一人ではおいておけないんですよね~

投稿: 異能☆@hasegawaさんへお返事 | 2009年9月30日 (水) 08時46分

ravenさん、
カヌーな人が小野川湖を好むのがわかります、とても良いところでしたよ。
貸し切りに近い状態も◎です。

しかし、キャンプ場が小さいので混む時期は厳しそうです。
それと、バス釣りの方々が多いですね。彼らは朝が早いんだ。

投稿: 異能☆@ravenさんへお返事 | 2009年9月30日 (水) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190180/46341499

この記事へのトラックバック一覧です: 小野川湖畔キャンプ 1日目:

« 那珂川ステーションキャンプ3日目 | トップページ | 小野川湖畔キャンプ 2日目 »