« RAPTURE補修 | トップページ | 越谷梅林公園で鷹匠軍団と遭遇 »

2008年3月16日 (日)

CBXの整備

バイクを整備しましょう。
半年以上乗っていなかったので気になっているのは2点です。

  • フロントブレーキの引きずり
  • バッテリーの状態

他にもあるけど、今日はこの2つ。

まずはフロントブレーキです。引きずりはたいていキレイに清掃してブレーキパッドグリスをブレーキパッドの裏に塗れば解決するのですが、今の状態はそういうレベルではありません。常にブレーキがかかっている状態です。とするとピストンが戻らない常態かスライドピンが固着した状態。スライドピンは去年の春グリスアップしたので、たぶんピストンでしょう。
と言うことで、分解して簡易オーバーホール。

0052

CBXのブレーキキャリパーはピンスライドのシングルポットキャリパーです。メンテナンスは簡単な方と言えるでしょう。

手順は

  1. キャリパー取り外し
  2. ピストンのダストシールをはずす
  3. ポンピングしてピストンをなるべく多く出す。抜けちゃうと大変なので慎重に
  4. 露出したピストンをブラシでごしごし洗う。
  5. ピストンを押し込む

3~5を10回くらい繰り返すと見違えるようにキャリパーの動きがよくなりました。

続いてバッテリー・・・これは大変なことになっていました。

バッテリーのマイナス極のターミナルが緑青を吹きまくって、ボルトの頭が溶けちゃっていました。何で??あまりの状態に写真を撮るのを忘れてしまいました。

とにかく金ブラシで緑青を落として、ボルトの頭をドリルとたがねて落とし、バッテリーを取り外せる状態にしました。

Cbx_0012

この後、さらに電極のボルト跡をドリルでザグって、新たに取り付けなおせるようにしました。バッテリー液はあまり減っていなかったのですが、バッテリーはほとんど上がりきった状態でしたので、車とブースターケーブルで接続してエンジンをかけました。

エンジン自体は良い感じです。回転も安定していますね。

このまま少し乗ってみて、バッテリーのチャージが遅いようならレギューレータに負担がかかるので速めに交換しなきゃな。

Cbx_0032

タイヤが減っているので、次の車検には交換しなくてはいけません 出費が・・・・

最近はしっかり走りこまないので、タイヤの端っこが減りません。モッタイナイオバケが出ちゃいそう

|

« RAPTURE補修 | トップページ | 越谷梅林公園で鷹匠軍団と遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CBXの整備:

« RAPTURE補修 | トップページ | 越谷梅林公園で鷹匠軍団と遭遇 »