« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

カヌー作成3日目(フットボールライン開始&カヌー漕ぎ)

さぁー、今日はフットボールライン(船底)を張るぞーっ!!

小僧ABをCR-Vに乗せて名栗にGO!!

本日の予定

  • フットボールラインのプランキング
  • カヌーに乗って湖の奥の川岸でお昼ごはん

まずは前回の作業の確認。
2006930_3_001片側のハルが一段足りません。ここから張っていきましょ。
さらにもう1段張ってフットボールラインに突入ってとこかな。

 

 

2006930_3_004_2さて、工具をそろえて、ストリプ材を物色・・・・・
おおーっ!!いつもと雰囲気の違うストリプ材がある!!

鉋がけしてあるぞ。(キープキープ!!)


2006930_3_007

ステムとの接合部分をのこぎりで調整して、ボンドをつけて、端からガンタッカーと仮釘固定。

うーっ・・・先週の午後はあんなにスムーズに作業は進んでいたのに、たった1週間で感じを思い出せない。

2006930_3_009 左右合計3段張ったところで、時間を確認。おっAM 11:45「 スタッフがお昼休みに入る前にカヌーを借りておかなきゃ」

 

2006930_3_014ちょっと退屈気味になっていた小僧ABも「いーねーっ」

だって。

カヌーピクニックに行きましょ。\(^o^)/

そして 湖の奥の沢に上陸するのだ!!


2006930_3_017

しばしカヌー漕ぎの時間。

なれど、予備エンジンA、予備エンジンBは機関不良か?はたまたガス欠か?まったく機能しておりません。

ここはメインエンジンの踏ん張りどころ。

 

しかし、頼りのメインエンジンもどうもJストロークがうまくいかん!!

2006930_3_021_1

仕方がない、自己流ラダーストローク(??)でのんびりとバックウォーターに向かいましょ。

でー・・・・・・

着いたーっ!!上陸なのだーっ

ここで、お昼を食べたり沢で遊んだり、1時間弱すごしました。

2006930_3_041 午後は、ひたすらボトムのプランキングなのです。
そして小僧Aは公文のオベンキョの時間なのです。
すると小僧Bは自由自在なのです。

そもそもこの兄弟にはヒトミシリというものがほとんどありませんから、初めて会った人にでも、ずっと前から知っている友達のように話しかけます。小僧Bにいたっては、平気で「おんぶして」といって、まんまとおんぶしてもらいます。

今日もやってましたよ、小僧B!!。

名栗湖のブラックバス駆除に集まったお兄さんたちに遊んでもらった挙句、おんぶされてました。やるのぅオヌシ。

2006930_3_042 で、これがブラックバス駆除大作戦の戦果

40cmクラスがごろごろいました。

これが岩魚とかニジマスならねー・・・・。

「うまいですよ。サバクまで臭いけど、身はまるっきりスズキですよ」って、エーっ食べるんだ!?!

バター焼きとかフライとか燻製にして食べるそうです。


2006930_3_044 これが、今日のお道具と今日の成果。
なんか・・・あんまり進んでいない気がする。

クランプは今日の異能の工夫です。

木工ボンドは面と面の間に充填してしっかり圧接すると、ものすごい接着能力を発揮するそうです。

2006930_3_045 ならば、ガンタッカーよりクランプでしょ。ガンタッカーはモールドをトレースさせる事になるべく専念させ、圧接するためにクランプ、あて木、クサビ、ひもを動員しました。

また、なぜ今まで使っていなかったのか自分でもわからない「紙やすり 80番」。ストリプ材の加工精度が格段に上がりました。鋸だけで思い通りの加工するのはむつかしいっす。

2006930_3_049そして、サバイたオオクチクロマス(ブラックバス)のたまごと心臓で喜んでいる小僧ABなのでした。
つるしてあるのは燻製用にサバイたやつ。切り身もありました。
すげーっ。

今日はこれにて終了。
来週は出張でこれません。
平日に振り替え休日とって2日連続とかで来ようかな。
バイクで来て、近くでキャンプでもしようかね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

カヌー作成3日目予告

今週の土曜日
団長に仕事が入ったので、小僧ABをつれてカヌー作成に行くことに決定!!

ずーっと作っていると小僧たちが退屈するので、お昼休みちょっと前からカヌーに乗ろうかな。
出来ればどっかに上陸して、お弁当でも食べたいな。

今回はボトムのフットボールラインを閉じていくプランキング作業になります。
キールラインに水平に赤身と白身を交互に張って縞模様にしたいんだけど、皆さんの船を見るとストリプ材をしならせてボトムを閉じる方法をとっています。
とりあえず、スタッフの方に相談してみるつもり。

サンディングまで行けるかなー???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY サイバーショット DSC-P1

Front_p1





小僧Bが生まれたとき購入した、Pシリーズ初代のサイバーショット。

1年半ほど使った後、スノボに持って行った後あたりから調子がおかしくなりました。
フル充電させたはずなのに  1、2枚ほど撮影しただけでバッテリー切れになってしまうのです。

無料保障期間も切れたし、ビデオのほうが出撃回数も多かったこともあって、修理せずにしまっていたのですが・・・・・。
最近のキャンプや子供と行く公園、カヌー作成など携帯電話のカメラでは「ちょっと・・・」と思うようになりました。

新しいのを買う予算もないし・・・、バッテリーを交換すればP1も復活するかと思い、ネットオークションを等を探してるうちに発見しました。
これ↓
デジタルスチルカメラ「DSC-P1」無償点検・サービスのご案内

どうして今まで気づかなかったんだろ!!あーっ、受付期間終わっちゃってるし・・・。

でも、あきらめずに電話をしてみました。


おおーっ!!、まだ対応してくれるらしい。しかも、家まで引き取りに着てくれるって。

引き取り予定日は明日。


というわけで、もうすぐ復活します サイバーショットP1!!

きっと活躍してくれることでしょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

瓢箪

去年の瓢箪、会社のデスクに飾っています。

2006927__1とてもきれいな形に出来たのでお気に入りです。







でも、これに入れた水の飲むのは「ちょっと・・・・」なのです。結構くさいんです。加工の仕方がいけなかったのかな?それともこんなものなのだろうか・・・?

ちなみに、手前に見えるのはHONDA CBX(オートバイ)のピストン。これもお気に入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ヘチマ

2006926_001 朝、改めて庭を見るとヘチマが大きくなってきたなーと感じたので、カメラでパチリ。

去年育てた瓢箪は、緑のカーテンになって涼しさを演出し、ぶら下がっている瓢箪を見て楽しく、収穫後の加工はくさくってこれまたちょっと楽しく、出来上がった瓢箪はかわいく、とても楽しめました。

ヘチマはどーかなーと思って育てたけど、すごいすごい!!
どんどん育って、重い重い。
篠竹で作った棚がゆがみまくって大変なことになってしまいました。

ぼちぼち収穫しなきゃ。全部たわしにしたら大変な量だな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

ネーブルパーク

今日は、朝食の後庭の草むしりと小僧Bの自転車のパンク修理。その間小僧Aは公文のお勉強。

庭のヘチマ、でっかくなったなー。
重さで篠竹製の棚がゆがんでます。

全員の準備がそろったら。雪用のそりを持って出発です。
2006924_001 目的地は茨城古河市のの「ネーブルパーク」。

あそこには「おすべり山」という小山があって、そりがあればかなり遊べます。


しばらく遊具で遊んだ後、おすべり山方面に向かいます。

その途中でおかしなものを見つけました。

2006924_005 普通の藤棚なんですが、根っこを見ると・・・・


 

2006924_004シメジのようなきのこが生えています。
なんだろあのきのこ。

すぐにおすべり山に行くと思いきや、いつもまにか地下迷路で遊んでいました。
2006924_010 しかし、天井が低くって大人にはキツイっす。



2006924_014 しばらく地下を走り回って地下散策任務完了。


ここから、今日のメインです。
そりを持っていよいよおすべり山へ。

小僧ABとも、一回目は少し失敗。
2006924_017 小僧Aがコツをつかんだようです。
すごいスピードで滑り降りてきました。

2006924_015 小僧Bも真似をして成功。任務完了した模様。

小僧Aは同じ1年の男の子と友達になって遊んでいました。
おすべり山のてっぺんにはどうもバッタがたくさんいるらしく小僧Aはたくさんバッタを捕まえてました。

小僧Bはターザンロープ(正式名称不明)にいったり滑り台にいったり、やつの動きを追っかけることは不可能です。

さて、4時半だから帰ろうかね。

帰りにジョイフルホンダにいって木工の道具とT1ベニアの品揃えを見て見てきました。
うーんT1 4mmが無いなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

カヌー作成2日目

2006917_2_008 今日は団長と小僧ABは家でお留守番ということで、我がバイク「六華"紅"」で名栗カヌー工房に向かいました。

背中の荷物にはシングルバーナー(初期型のMSRウィスパーライト レギュラーガソリンばかり使ってますけどいまだ健在)と小さなホウロウの白ケトル、コーヒー豆。

お昼くらいにカヌーを借りて名栗湖のどこかの岸でコーヒーブレイクしようかな。

9時30分に工房に到着。

連絡しておかなかったけどすぐ作業できるかな??

2006917_2_002_1 と、すぐに奥のほうにおいてあったわがカヌーを作業スペースへ。本日、工房室内でのカヌー作成は異能だけみたい。

えっ、先週2日目といっていた方がもうFRP貼ってる。そんなにすぐにできるものなの??

実はこの方、三重の四日市から1週間泊まりで作りに来ていたんだって。
今日でいったん帰って、次は2週間後だそうです。

三重かー・・・。あっちのほうは古座川とか熊野川とかカヌーのフィールド多そうだな。

2006917_2_005_1 で、本日の異能の作業は、前回に引き続きストリブ材をプランキングしていくこと!!
ボトム部分に差し掛かる大きくラウンドしている部分。

名栗のストリプ材はスクエアタイプなのでラウンド部分は材と材が密着しません。
というか密着させたらラウンドしません。

2006917_2_006_1 ストリプ材をつなげるというよりモールドに這わせる感じで少し階段状にずらしながらプランキングして行きます。このときにどうしても発生してしまう隙間がとても気になります。

でも、スクエアのストリプ材ではこうするしかありません。
プロスペクターを作るときにはビード・コーブ加工しようと心に誓う異能なのでした。
(いつどこで作るんだろう??)

2006917_2_007_1 はじめのうちは、ステムの近くだけに大きくひねりが入っていました。
ストリプ材をステムに密着させるために考えたのが、あて木をあててクランプではさむ方法。
結構うまくいきました。

さて、お昼休みは朝買っておいたパンを食べた後、バイクで周辺の散策です。

上流には渓流を利用した管理釣り場
BBQ出来そうなかわらも発見
2006917_2_009_1 有間ダムからはカヌー工房が見えますね。

よし、今日は作業が終わったら有間ダムからカヌー工房を眺めながらのコーヒーブレイクに決定。今日はカヌーに乗るのはやめ、作業に専念します。

午後も引き続きプランキングです。
ここからはチョー大変でした。

これまでのストリプ材のひねりなんてチョロイチョロイ。
ボトムに差し掛かったところからストリプ材を曲がらない方向に曲げて貼っていくのです。

2006917_2_004 それまでは、ストリプ材の中心から順次固定していたけど、これからは無理。

よーく考えてみると、今までは中心が一番変形が少ないから中心から貼っていたわけで、今はステム付近が一番変形が少ない。
てことで、バウ(スタン?)から固定していってみると・・・これが大正解。
ストリプ材がありえない方向にちゃんと曲がってくれました。

工房の主、山田さんのお話では、なかなか作業が早いとのこと、それはそれでうれしい。
しかし、作業が汚いのではイタダケマセン。

「きれいに貼れています」とのこと。
ホッ

2006917_2_013 本日までの成果は左右19段プランキング終了。


16時30分、作業場を片付けて有間ダムにてコーヒーブレイクと相成りました。

2006917_2_015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

カヌー作成1日目

前日の電話では工房の公開時間は9時から16時30分とのこと。

団長との打ち合わせて小僧ABを連れて行くこと決定。

朝飯食べさせて、着替えさせて、小僧Aに公文のお道具持たせて・・・って、おいっ!!もう9時ジャン。
はーっ名栗まで結構時間かかるぞ。2時間くらいのロスだよ。
まあ、今日は初日だからよしとするか。

気を取り直しでCR-Vに男3人でGO!!

日高のあたり結構道が込んでたな。ああっ曼珠沙華がそろそろか。
結局11時に名栗につきました。

手続きを済ませ、早速工房へ。
2006917_1_009_1
工場長(すみません。お名前をお聞きしませんでした。)の指導の下、型の作成から。
カット済みのモールドをストロングバックにタッピングビスで固定します。
後で調整するから緩々にしておきます。

モールドのキールの線上にストリプ材を1枚ガンタッカーでX状に打ちつけ固定し、曲がりの補正をします。1番モールドが少しずれていました。

続いてステムの作成。 2006917_1_034_1
ヒノキ3枚を木工ボンドで張り合わせ、ステムモールドに仮釘で固定してゆきます。
スチームベントしないんですね、ヒノキだからなのかな??
この作業、結構力が要るそうです。工場長が抑えてくれました。
名栗ではアウトステムをつけないらしい。


お昼を食べて戻ったら、ぬおぅぁ、ステムがう浮いとる。2006917_1_039
正直テンパリました。
仮釘をたくさん打ってリカバー。



さていよいよ、船体のストリプ材をプランキングしてゆきます。2006917_1_045
予定では、ガンネルのすぐ下あたりに赤身でアクセントをいれて、後はしろ。
フットボールラインは赤身と白身のストライプ。うまくいくかな??

ステム部分はストリプ材を斜めに切って接合します。
やはり接着は木工ボンド。
最後はFRPだから大丈夫だそうです。エポキシとかで作るよりも圧倒的に作業効率がいいとのこと。工房使用料が3500円/日なので、作業効率は大切です!! 納得。

本日は、左右ハルを8段プランキングでタイムアップ。

2006917_1_046_1

← 工場長と異能家小僧AB




次はいつこれるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月16日 (土)

プロローグ

かなり前からカヌーが気になっていました。

10年近く前に、会社の同僚に誘われて那珂川でカヤック体験というのをしたことがあります。
水がとても近くにあって気持ちがよかったなー。団長(奥のこと)もすごく楽しいといっていました。
何年ぐらい前かなー・・・バイクで名栗に行ったとき、湖の脇にカヌー工房を発見。中には見たことのない木でできたカヌーがたくさんありました。

つい最近のこと、とあるHPを見つけたことがきっかけでカヌーやカヤックへの興味がドンッと大きくなりました。

カヌーをやりたい気持ち、名栗でみた木のカヌー・・・
結論。「カヌーを作ろう」

それからは、毎日自分のカヌーライフを妄想しています。
リバーツーリング、奥利根の湖。

はじめは、工房に通って作り方を覚えよう。
小僧ABが大きくなってきたら、16ft プロスペクターを作って2艇で川に繰り出そう。
まてよ、夏は西伊豆の雲見に行くんだからシーカヤックも作らなきゃ。
早速、「カヌー製作友の会」に入会しました。会員№1409

おいらにとって、川と言えば荒川。荒川でカヌーといえば長瀞だよな。
木のカヌーで長瀞の瀬を下れるのかな???
川用のカヤック(リバーカヤックっていうの??)必要かな??

バイクじゃ家族は置いてけぼり、渓流釣りにも挑戦したけど、フライは難しいね。なかなかつれません(誰か教えて!!)。みんなの食いつきも悪いっす。カヌーだったら家族みんなが大好きなキャンプの延長に持っていける。GOODだ!!

さて告白タイム。
ひと悶着がありましたよ。

貯金を確認して団長に
「カヌーを作ろうと思うんだけど・・・」
「資金はどうするわけ??」
「おいらの貯金で・・・」(恐る恐る)

<ここでオオモメ>

結局、貯金の約半分を上納することで決着が付きました。

ぬぉーっ、PFDやウェットスーツ代が・・・!!!。
子供の分はモンベルでそろえて、大人の分は磯釣り用でしばらく我慢かな。

そんな流れで9月16日に電話しました。
「あの・・・、名栗カヌー工房ですか? 明日からカヌーを作りたいんですが。」

よし、作るぞ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »